ホスホス独占企画 No.85036 | ホストクラブ紹介・ホスト求人サイト ホスホス

ホスホス独占企画
独占企画
2021年8月25日(水)
【独占インタビュー】業界未経験から始めた軌跡
完全未経験で飛び込んだホスト業界、選んだ立ち位置がプレイヤーではなく内勤。業界歴1年半後には億を売上げる!異例な男「紫遊」の当時と今を語って頂きました!

PN/キタノ☆大地
北海道ススキノ ホストクラブ
北海道札幌市中央区南6条西5丁目 アイビル 9階
TEL:011-213-1130
ギャラリー
未経験からグループ設立へ
業界6年の軌跡
2021年8月配信



― 業界歴1年半で"億"を売り上げた内勤時代

私はホスト業界の中でも、かなり異例なタイプだと思います。
まずプレイヤーとしての経験がありません。
初めから内勤として、この業界に入り、そして内勤として入店1年半で1億を売り上げました。

第一に私は自分の売り上げよりも内勤業務が"第一"という信念が念頭にありましてので、その両立に1番苦労しましたね...
1年間ほとんどと言っても過言ではない程、寝る時間がありませんでしたし「内勤として売り上げを上げる」為にはプレイヤーとはまた違った苦労がありまして...
それをどうクリアするか?を考え行動するの努力を常にしてきました。

まず内勤であるが故、初回には付けません。
もちろん営業中は付け回しやキャッシャー業務があります。
営業前は店舗の鍵開けや掃除があり同伴は出来ませんし営業後は締め作業やミーティングがある為アフターも満足に出来ません。
内勤ですからナンバー反映もないので、お客様に大金を使って頂く意味の提供も難しいです。
ですのでプレイヤーとは違った「価値の提供」「やり方」「ブランディング」を強く意識しました。
ホストはマニュアルのない仕事とよく言います。
私の場合は、それ以上にマニュアルや前例がありませんでしたが試行錯誤を繰り返し、考えに考え抜き、行動して来た事で"結果"へと繋がり"自信"を手に入れました。

この経験は経営者となった今にも活きてます。
私はまだホスト業界歴6年です。
たった6年の間で「1億売上」「独立」「グループ設立」「地方展開」と前進して来ました。
これもまた異例な事だと思います。
私がこの様な前例の無い道を進み続けられているのもマニュアルのない中で試行錯誤を繰り返し「自分で答えを出す力」があるからだと自負しています。
そしてそれはこれからも...私は試行錯誤を繰り返し前に進み続けます。










― 内勤の重要性

まずもって内勤は、自分の事よりも周りの事を優先する考えを持っていないと務まらないポジションです。
単純に大金を稼ぎたいと思ったら自身でプレイヤーをした方が手っ取り早いですから。
それでも内勤という仕事を選んでいるのは自分が稼ぐ事よりも「キャストを稼がせる事」「店を盛り上げる事」を"目的"にしているからです。
時には厳しい事を言い「嫌われ役」にもなりがちなポジションですが、それはキャストや店の事を思えばこそ...の事で。
あくまで店の主役はプレイヤーです。
その主役をより一層、輝かせるのは内勤の役目だと思っています。










― 完全独立からグループ設立まで

昨今のホスト業界において"完全独立"はかなり珍しい話かと思います。
独立するにしてもフランチャイズが今は主流ですし正直、そちらの方が店としての成功率も高いかと思います。
ただ私はリスクを犯してでも"完全独立"し自分の店を持つ事を選びました。

ですので、完全独立してから最初はかなりの苦労がありました。
立ち上げメンバーは私を含めて"4人"だけ。
グループのノウハウもサポートも何もない...完全に真っさらな状態からのスタートでした。
共にスタートしたこの3人は私と同じく"険しい道"をあえて選んだ3人、気持ちの強さとモチベーションの高さは別格でした。
また四人全員が同じ将来のヴィジョンを見据え、同じ方向性で進めていたと思います。
だからこそ店をオープン出来、同じヴィジョンを見れる仲間が一人二人と増えていき、今のI's PROJECT(アイプロ)があります。
今はまだまだ小さなグループではありますが、アイプロはこれかも更に大きく飛躍出来るグループだと確信しています。

また私が独立前に働いていたグループのオーナーの存在も大きいです。
ホスト業界で独立すると言えば、反対されるのが普通だと思いますし場合によっては、邪魔されるなんて話もザラにあるかと思います。
ですが前グループのオーナーは私の事を快く送り出して下さいました。
今でもよく相談を聞いて下さったり私の成功を心から応援してくれています。
私にとって前グループのオーナーは、かけがえのない"恩師"であり"尊敬する大先輩"です。










― ホストとして失ってはいけない事とは?

ホストとして失ってはいけない事...
人それぞれの考え方があるかとは思いますが、私は"義理人情"だと思っています。
酒と女と金の世界。
そんな良識的感覚が麻痺し見失ってしまいそうな世界だからこそ常に「人と人との繋がり」「相手を思いやる心」「仲間との絆」そして礼儀と常識、決して忘れてはならない何よりも"大切な事"だと思っています。

― 駄目なホストとは?

向上心を忘れてしまったホストだと思います。
ホストは天井のない職業です。
"1000万"売っても"1億"売っても"2億"売っても、それでもまだまだ上がありますし限界が見えません。
にも拘わらず現状に満足してしまい今の"アベレージを維持"する事を優先してしまう子が数多く見られます。
ただそれですと"未来"はありませんし"衰退"の一途を辿るだけだと思います。
まず"安定"を求めるのなら"ホスト"ではなく昼職を選んだ方が良いです。
せっかくホストをするのだから現状に満足せず常に"貪欲"にリスクを恐れず挑戦し上を目指し続けることが大事ですし、それがホストしてシンプルかつ純粋なあるべき姿なのではないかと。
誰よりも"売れたい"これが全ての原動力ではないでしょうか。
アイプロの従業員達には皆、そんな気持ちを強く持って欲しいなと...そう願っております。










― ススキノ進出を決めた理由

最初のきっかけは当店I's PROJECT札幌の代表、柊めんまの存在です。
彼は私が5年前、初めて代表を任された店舗のNO.1で、いつか一緒に店をやりたいねと話していた仲でした。
そんな彼から「ススキノで店をやりたい‼️」と話を貰ったのが最初のきっかけです。

ただ最初は正直ここまで本腰を入れてやる事になるとは思っていませんでした。
初めての土地で右も左も何もわからず誰一人として知り合いもいない状態でしたし。
ですがススキノへ来る回数を重ねる度、この街のホストクラブの"可能性""将来性"そしてそこに大きなビジネスチャンスを強く感じるようになりまして。

この街のホストクラブはこれから確実に伸びていく、それを私は1年半前に確信しました。

どうせやるなら本気でススキノの"発展のきっかけ"になるような、そしてホストクラブの"価値観を変える"そんな店舗を作ろう。
そう思い私はこのススキノの地に"約100坪"という最大規模面積の大箱で歌舞伎町でもトップクラスであろう豪華内装を施し"ススキノ最大規模サイズ"の看板を設置し「I's PROJECT -札幌-」をオープン致しまいた。

ススキノには今まで、ホストクラブの"文化"を守ってきた"力のある"素晴らしい店舗が沢山あります。
そして現在、道外から多くのグループが進出して来ています。
それらが融合した時、ススキノのホストクラブは次のステージに進むのだと思っています。

改めて言いますが、ススキノのホストクラブはこれから"確実"に伸びます。
2年後にはきっと今と違ったホストクラブの"価値観"が街に浸透しているでしょう。
私はそんな中で1番を取りたい。
一人勝ちを狙うのではなく"ホスト業界全体"で街を盛り上げホストクラブの価値を向上していきたい。
ホストって凄いんだぞって事を、この街に知らしめたい。
私は、そんな中で"1番の店舗"を作りたいと思っています。




― あとがき

完全未経験からホスト業界歴1年半あまりで年間個人売上1億3000万を現金で達成したプレイヤー経験なしの内勤
スタートから早6年が過ぎ今はI's PROJECTのオーナーとしてグループを束ねる紫遊
内勤業務をこなしながらの業界異例の経歴を積み重ねる事が出来たのは
彼の言葉から分かるように確固たる目標を常に持ち続け、それを成功へ導く為の行動力あればこそ
現状への満足は決してせず"貪欲"に進み続ける事が最も重要であり結果は勝手に付いて来る
紫遊オーナーに見えているこの先のホスト業界の姿とはどんな世界なのか?

▼紫遊オーナーをもっと知りたい方はこちら▼